頚椎椎間板ヘルニアの悩みを治療しよう~完治することができる~

問診

身体への負担を最小限に

生活習慣が影響する現代病

整体

首の骨(頚椎椎)は、7つの骨が積み重なる形で出来ています。その骨と骨との間には椎間板と呼ばれる、首の骨(頚椎)に負担がかからないようにするクッションの役割をするものがあります。その椎間板が痛んで外に飛び出した状態のことを「頚椎椎間板ヘルニア」といいます。症状としては、飛び出した椎間板が、どのように神経を圧迫するかによってその症状は異なります。その症状は大きく分けて2つあります。一つは一側の手や肩の特定の領域に激しい痛みが生じる場合、もう一つは両手のしびれがみられたり、両手を使った細かい動作が出来にくくなり、それと同時期に両足が足先からだんだんとしびれたり、歩行がだんだんと不自由になるなどの症状が、数日間の間に急激に進んで行きます。発症の要因として、長時間同じ姿勢のデスクワークや、普段からの運動不足など、生活習慣が大きく関わってくる病でもある為、現代病とも言る為、今後も増加の傾向になるでしょう。治療法はいくつかありますが、症状が上肢にとどまる場合は保存療法、下肢にまで及び、その進行が急速な場合は、外科手術が適応されることもあります。また、近年は最新治療の研究も大きく進歩しています。

日帰り可能な新しい方法

頚椎椎間板ヘルニアは、痛みやしびれを伴い、ひどくなれば、日常生活もままならなくなる病です。保存療法で安静にし、軽快していくこともあります。しかし、一方の手術治療は、身体に大きな負担を強いることになります。近年、治療法が研究され、経皮的レーザー椎間板減圧術(通称PLDD)と呼ばれるレーザー治療が注目を集めています。この治療法は、椎間板の中にレーザーを照射する方法で、従来の保存療法に効果がなく手術適応と言われていた方々に行える治療法です。従来、頚椎椎間板ヘルニアの手術では、2〜3週間の入院が必要でしたが、このレーザー治療は、傷口も小さく済み、身体への負担が非常に少ないため、日帰りでの施行が可能です。現在、頚椎椎間板ヘルニアなどもに有効な最新治療として注目を集めています。

早期に発見する

医療

胆のうがんは比較的発見が難しいがんですが、腫瘍マーカーで胆のうの状態を検査することで早期発見も可能です。早期の胆のうがんは腹腔鏡手術で行いますので、開腹手術に比べれば入院期間は少なくて済みます。

Read More...

女性がんの約二割

治療

乳がんは女性ホルモンと関係があるがんで、女性のがんの約20%を占めます。自己検診による早期発見が可能ながんであり、早期の場合は治癒率も高いがんです。治療は手術、放射線、抗がん剤、ホルモン療法を組み合わせて行われます。

Read More...

骨や関節の治療について

病室

骨や関節のトラブルは、整形外科での専門的な検査を受けて治療をスタートさせることが必要です。原因が分かれば、後に近隣のかかりつけ医を紹介してもらうことも出来ます。

Read More...